骨盤をしめるために骨盤ベルトは必要?

産後ママさん

「骨盤をしめるために骨盤ベルトはした方がいいですか?」

産後数ヶ月経過しても骨盤ベルトはした方がいいか悩まれる方は多く
トキまち整体でもご質問をいただくことがあります。

「骨盤が開いているかもしれない」
「骨盤ベルトで締めた方がいいかな?締めれば良くなるかな?」


そんな風に悩まれることが多いです。

結論からお話しすると

ようすけ

『開いた骨盤を閉じるためでしたら、骨盤ベルトは必要ありません』

ということをお伝えさせていただいています。

今回はその理由についてお話していきます。

骨盤ベルトの役割とは

産後時間が経過してからは、骨盤ベルトを使うタイミングを見極める必要があります。
先に骨盤ベルトの役割についてお伝えします。

骨盤ベルトってどんな役割してるの?

骨盤ベルトを巻くことによって、骨盤の安定性が出てきます。

本来は骨盤周りには様々な筋肉が付着していて、それぞれの筋肉が支えとして働いてくれていることで、骨盤は安定します。

もし骨盤を支えるための筋力が弱くなってきた場合、骨盤の不安定性や仙腸関節痛や恥骨痛などの痛みといった症状が出てくることも。

そういった症状を軽減させるために、本来は筋肉で支える骨盤を外部から骨盤ベルトを使用することで骨盤を安定させて症状の軽減を図ります。

というのが骨盤ベルトの役割になります。

つまり骨盤ベルトを使用するタイミングは

骨盤周りを支えるため筋力が支える力が弱くなってしまった影響で症状が出ているか?

ということです。

筋力低下が起きている影響で症状が出ている場合は
骨盤ベルトに頼る必要があるということです。

しかしそうでなければ骨盤ベルトを巻く必要性はないと考えています。

骨盤ベルトがもたらすデメリット

骨盤ベルトを使い続けるデメリットは2つあると考えています

骨盤ベルトを使い続けるデメリット

  1. 骨盤ベルトを使って支え続けることにより筋力低下を起こす
  2. 骨盤ベルトに依存してしまう

この2つが骨盤ベルトを使い続けることによって起こる
大きなデメリットだと考えています。

詳しくご説明をさせていただきます。

骨盤ベルトで支え続けることにより筋力低下を起こす

先ほど筋力低下を起こしているからベルトでサポートすることで
安定性を保つとお話をしました。 

つまり骨盤ベルトには筋力がなくても
骨盤ベルトを巻くことによって、骨盤の安定性を保つ役割があります。

長い期間外部からサポートを受けている骨盤は、本来筋力で支えなくてはいけない骨盤周りの筋肉が
ベルトからサポートを受けてることによって

骨盤周りの筋肉

「あれ!もしかして僕たち必要ない筋肉なのかな!」

体がそのように判断して筋肉が萎縮してしまう恐れがあります。
(長い間筋肉を使わないと、筋力低下を起こし使いづらい筋肉となります)


骨盤ベルトに依存してしまう

精神面の影響になってくるのですが、

「つけていないと不安」
「外して生活するのが怖い」
「痛みが出るのは骨盤ベルトをつけていないから」

そんな風に骨盤ベルトに依存してしまうことがあります。

中には”不安、心配”という理由から何年もつけ続けている人もいました。

こうなると

『骨盤ベルトをしなくても大丈夫』

と、理解をしてもらうまでに時間をかけていく必要があります。

こんな人は骨盤ベルトを使った方がいい

しかし産後時間が経過していても、骨盤周りの筋力低下によって痛みが出ている時や、
骨盤周りの不安定感がある方は使用した方がいい場合があります。

こんな悩みには効果的!

  • 起き上がりや立ち上がりの初動時に腰に鋭い痛みを感じる
  • 骨盤周りの不安定感を感じる
  • 恥骨の痛みを感じる

そういった場合は症状を緩和させる効果が高いです。
※これらの表現の痛みや悩みが全て当てはまる訳ではありません。

ただし…

ようすけ

付けっぱなしには気をつけてください!!



それは先程もお話した、
使い続けることで骨盤ベルトに依存したり、外すのが怖くなったりしてしまうことがあるから。

”痛みを感じやすい日中はつけておく”
”休んでいる時はできるだけ外しておく”

そんな風に症状を感じやすい時に頼るようにして、
症状を感じないときには外しておくというメリハリが大切になってきます

これを理解した上でぜひ使っていただきたいと思っています。

まとめ〜大切なのは使い方〜

骨盤ベルトの役割を知ると
つけることが正しいとは限らないということが分かってくるかと思います。

「症状がないけど開いた骨盤を締めるため!」
という理由の場合には骨盤ベルトはつける必要がありません。

そういった理由から使い続けてしまうと、
筋力低下を起こしてしまい、悩みがより気になってしまうこともあります。

しかし、骨盤周りの筋力低下によって痛みが出ている時や骨盤周りの不安定感が出ている時には
骨盤ベルトを必要とすることもあります。



もし骨盤の不安定感や筋力低下から腰の痛みがあって、

産後ママさん

「私は骨盤ベルト使った方がいいのかな?」


と悩んでいる方はぜひご相談してください^^

付ける必要がある場合には、正しい付け方のご説明をさせていただきます。

そしてもし必要がない場合には
症状に合わせたセルフケアなどをお伝えして、お悩みの解消へと導きます。


▼マタニティ・産後ケア専門のトキまち整体▼

新潟県新潟市中央区紫竹山7丁目10−17 CasaSole105号

営業時間9:30〜15:00(最終受付)
※日曜日のみ9:00〜16:00(最終受付)

▼佐渡トキまち整体・骨盤矯正についてはこちら▼

\ 毎月定期的に佐渡で開催しています!/

子連れで来店できる託児サービスも行っています♪]


The following two tabs change content below.
マタニティ・産後ケア専門トキまち整体の代表 庭野遥佑です。 前職で培った技術と経験により産前産後に始まる”痛み”の解消を得意としています。店舗ではマタニティ整体、産後整体、産後骨盤矯正などを提供。 プライベートでは令和4年5月に第一子男の子が産まれて新米パパになりました! トキまち整体としての顔と、プライベート出てくるパパの姿をブログで楽しんでいただけると嬉しいです^^

骨盤をしめるために骨盤ベルトは必要?”へ1件のコメント

この投稿はコメントできません。