なぜ期間が決まっている?6ヶ月以内と言われる「骨盤矯正」

骨盤矯正に悩んでいる

2ヶ月〜6ヶ月と言われる期間は、ホルモンの関係から骨盤が緩んでいる期間とも言われています。

緩んでいるから骨盤の開きが治しやすい、歪みが治るという情報発信される方も多いですが、緩んでいる期間だから治しやすいということはありません。


しかしホルモンの影響が落ち着いた6ヶ月以降でも、骨盤の悩みは解消することができます。

今回のブログでは骨盤矯正の期間についてブログでお伝えをしていきます!

骨盤矯正が2〜6ヶ月以内といわれる理由

骨盤矯正

産後半年ほどはホルモンの影響を受けやすい期間で、骨盤を支える靭帯が緩んでいる期間となります。

その影響もあって

“骨盤がゆるんでいるから治しやすい”

という風に言われることが多いです。

骨盤が緩んでいることによって骨盤の不安定感が出てきたり、恥骨痛が出てきたりすることはありますが、“骨盤を治しやすい期間”というわけではありません。

産後6ヶ月以降の骨盤矯正は遅いのか?

骨盤矯正

6ヶ月以降の骨盤矯正でも、産後から始まった悩みを解消することができます。

はっきりこのように伝えられるのは多くの方が抱える骨盤の悩みはホルモンの影響ではなく、姿勢筋力の問題が大きいからです。

↓ぜひこちらのブログを一緒にご覧ください。

産後の骨盤について詳しく書いています!

トキまちでご相談に来店される方の中には、産後から6ヶ月経過していても悩みを解消されています。

トキまち整体の口コミ

骨盤矯正の口コミ

※痛みなどの自覚症状が強い場合は期間問わずに早めのご相談をオススメします。
 下記のブログでは早めのご相談をオススメしている理由について詳しく書いています!

6ヶ月以降の相談でも遅くない

6ヶ月以降の骨盤矯正

SNSやネット情報では産後から2ヶ月〜6ヶ月以内の骨盤矯正を薦めていますが、産後から6ヶ月経過していても遅くはありません。

多くの方が悩まされている”骨盤の開き” ”骨盤の歪み”といったことは妊娠中から始まった『姿勢の変化』や『筋力』の問題から起こっていることが多いからです。

骨盤矯正での効果はもちろんですが、お悩みに合わせたセルフケアを続けることで、解消することができます。

トキまち整体の骨盤矯正

トキまち整体でお伝えするセルフケアは生活スタイルに合わせたケア方法をお伝えするので、継続しやすいとご好評をいただいています。

今回のブログを見たことで産後の骨盤矯正に悩んでいる方が安心していただけたら嬉しいです^^

ご相談もお待ちしております!


▼マタニティ・産後ケア専門のトキまち整体▼

新潟県新潟市中央区紫竹山7丁目10−17 CasaSole105号

営業時間9:30〜15:00(最終受付)
※日曜日のみ9:00〜16:00(最終受付)

▼佐渡トキまち整体・骨盤矯正についてはこちら▼

\ 毎月定期的に佐渡で開催しています!/

子連れで来店できる託児サービスも行っています♪]


The following two tabs change content below.
マタニティ・産後ケア専門トキまち整体の代表 庭野遥佑です。 前職で培った技術と経験により産前産後に始まる”痛み”の解消を得意としています。店舗ではマタニティ整体、産後整体、産後骨盤矯正などを提供。 プライベートでは令和4年5月に第一子男の子が産まれて新米パパになりました! トキまち整体としての顔と、プライベート出てくるパパの姿をブログで楽しんでいただけると嬉しいです^^